ビットコインが信用出来る理由!池上さんが解説

投資・財テク

ビットコインが信用出来る理由!池上さんが解説
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「仮想通貨」ってなに? 仕組みが全く分からない人へ

いくら「仮想通貨元年」といわれても、「仮想通貨」のイメージがまったく湧かないようでは拒否反応しか出てこない。

あの、ニュースを分かりやすく解説する人としては右に出るものが居ないほどの人物、池上 彰さんが

これ以上ないくらいに「分かりやすく」解説してくれている。

池上 彰 解説「ビットコインは次世代の通貨」

2014年放映当時は4万円…その5年前は1ビット1円にも満たなかった

需要と供給のバランスで、どんどん価値が上がっているという事実に、改めて驚かされます。

全てのコインの動きが記録・監視されているという画期的なシステムも、池上さんはとても分かりやすく解説しています。

ホリエモンも!!「今のうちにビットコインを持っておいたほうがいい」

今や国民一人ひとりがマイナンバーで管理され、国の負債も膨れ上がっている

債務残高の対GDP比は、日露戦争時で70%、1920年頃までで約20%、第二次世界大戦時の1944年で200%以上、1965年頃までで約5%付近となっている。

バブル崩壊後は、景気低迷による税収減や景気対策の減税、高齢社会による社会保障費の増大のため公債残高は爆発的に増加していった。

日本国債を買い支えてきたのは主に日本国民による貯蓄であるが、日本の累積赤字国債は増え続けている。

2014年5月9日、財務省は、国債や借入金を合わせた「国の借金」が2013年度末で過去最大の1024兆9568億円となったと発表した。

「国の借金」のうち、国債は853兆7636億円、借入金は6454億円増の55兆5047億円、政府短期証券は4208億円増の115兆6884億円となった。

出典 http://ja.wikipedia.org

いかがでしたか?

日本の財政状況を見ると、もう円だけで財産を保有しているのは危険極まりないのです。

自分の出来る額からビットコインを所持することを考えてもいいのではないでしょうか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ